fbpx

ブルーベリーの植え付け

こんにちは!

いつか、海が見える丘から自分のワイナリーを眺めながらワインを飲みたいと思っている 園長 児玉です。

ブルーベリー 200苗を植えました。

友人たちが植え付けの手伝いに来てくれました。本当にありがたい!

さて! 植え付け開始!

ポットを並べます。

ポットの中に アクアフォームをいれていきます。
その後、水をたっぷりと含ませます。
この水やりがなかなか大変!20Lポット200個でも時間がかかりました。
今回 ホースが2本プラス雨が降っていたのが相当助かりましたが、これを60Lポットを使用するWポットシステムだと…
翌年2021年1月には、60Lポットへの植え替えがあるので、どうすれば効率良くできるかを考える必要ありですね。

雨の日は、アクアフォームが空気中に舞わないので良かったです。

水を含ませた後、一握り ピートモスを投入!
ピートモスはpHを下げる効果があり、ブルーベリーなど酸性には必要な作業です。
・・が、液肥がすでにpHを下げるために「リン酸液」が加えてあるので、なくてもOKかも。

ピートモスの上にブルーベリーの苗を置いていき・・・

ピートモスとアクアフォームを混ぜます。

苗の根をカッターで切って、広げて、グッと押して、植え付けします。
実はここが重要。
根の周りに空洞があると乾燥してしますので、グっと押さえこみます。
(キレの良いカッターが必須です。キレが悪いと時間がかかって作業が進みません。)

グッと広げます。結構力が必要です。

上からアクアフォームをかぶせて、グっと押さえます。

この高さぐらいまで入れます。

乾燥防止に「バークチップ」or「ハスクチップ(ココチップ)」をいれます。
チェリーベルにて販売しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。