fbpx

液体肥料 入れる時に汚れたくない!

こんにちは!

意外に意外にきれい好き?な チェリーベル農園 オーナーの児玉です。

これは液肥入れる時あるあるなのかもしれないけど・・・
他に人に聞いても、絶対飛び散ると。みなさんどうですか?

うちも、液体肥料入れる時、だいたい下の図のように飛び散り・・・
気を付けていても、ドボッ!!
と、必ず周りに飛ぶ。
拭けばいいんだろうけど、それが嫌で、、できるだけ小屋の中もきれいに使いたいしね。ちょっと考えました。

液肥を出す口のサイズのノズルを探していたのですが、あらゆるホームセンターに行って、探し回りました。直径 28mmぐらいでしょうか。どこにもない!

どこにもない中、ふと目に入ったのが、洗濯機の排水ホースをつなぐエルボ。
試しに買ってみた。380円ぐらい

おっ これの狭い部分、ぴったりなんじゃないか?と思い、購入してハメてみると・・・ おっー ぴったり!!
この先に 20mmの塩ビ配管用の バルブソケットをはめると、これまたぴったり!
これがはまれば なんでも行けるじゃん!!
ということで、その先にホースにつなごう。

20mm→内径18mmホースを繋ぐカップリングを購入(400円ぐらい)
と、内径18mmホース(50cm:155円)購入

ほ~~っら ピッタリ!
開け閉めできた方がいいかな~と思って、その間に、ボールバルブ(1100円)

口とゴム製のバルブがぴったりに見えるけど、排水中は大丈夫だけど、バルブを閉めて負荷がかかるとちょ~っと液肥が漏れる。
けど、開け閉めもできるしなかなか。 見た目も良い(笑)
けど、意外にお金かかった。笑

で、次のパターンを試した。
そのバルブの下に置いてあった延長ホース。(約450円)

ほ~~っら ぴったり!
・・・まぁ そのバルブは、このホースのためにあるものなので、ぴったりなのは当たり前と言えば当たり前。 合わないほうがおかしいか。

で、入れてて気づいた。
このバルブはいるのか?

・・・・・直でつないでみよう。

いけました。
しかもぴったり。ホースは結構長くて、半分くらい切りました。

横に傾けても、抜ける気配なし。
しかも、奥にさせばさすほど、きゅっとしまり、バルブより抜けそうにない。

・・・これで良いのかも。チャンチャン

結論

液肥を測りながら、出したい方は、ボールバルブを挟んでホースにつなぐやり方が良い。ちょっとお金はかかるけど(2100円ぐらい)、見た目は悪くない。笑

今回は、20kgの液肥を10kg つまり半分を タンクに入れるので、横に倒して出なくなるまで入れれば、だいたい半分になるので、液肥の量をカウントする必要はない。
という場合は、ただホースつなぐだけで良いのでは。(450円ぐらい)

少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。