Growatt ハイブリッドインバーター用 監視ソフトウェアをインストールしてみた。

おはようございます! 今日の福岡は寒いっっ

今日は、Growatt 監視ソフトウェアをPCにインストールしてみました。

順序として。

  1. USBケーブルで ハイブリッドインバーターとPCを接続する。
  2. USB機器としてWindowsにドライバーをインストールする。
  3. WIndowsに ソフト「PVkeeper」をインストールする。

1. USBケーブルで ハイブリッドインバーターとPCを接続する。

付属のUSBケーブルで接続する。

2. USB機器としてWindowsにドライバーをインストールする。

USBを挿して、デバイスマネージャーを開くと、他のデバイスとして認識はされているが、ビックリマークがあってちゃんと認識はされていないので、ドライバをインストールする。

付属CD-ROMをセットし、下記「CP210x_WIndows_Drivers」のフォルダーからインストール。

デバイスマネージャーにてビックリマークが消えていることを確認できれば、ドライバインストールは成功!

3. WIndowsに ソフト「PVkeeper」をインストールする。

Windowsが64bitか32bitかを確認して、64bitの方はPVkeeper(x64).exeの方を、
32bitの方は、PVkeeper32V1.2.exeを選択してインストール。

「Shortcut Folder」には、適当に、『PVkeeper』と入れました。

デスクトップに出てきたアイコンをクリック

Growatt 監視ソフトウェア

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。